ホーム>自然な美しさが魅力的な「北海道民芸家具」

自然な美しさが魅力的な「北海道民芸家具」

自然な美しさが魅力的な「北海道民芸家具」

シンプル・モダン・ポップ・アジアン風など、お部屋のインテリアにこだわっている方は多く、和・洋どちらの空間にも
調和できる「民芸家具」をお部屋のインテリアに取り入れる方が増えています。
こちらでは、自然な美と現代和風が魅力的な「北海道民芸家具」についてご紹介します。

和の心を大切にする日本人

和の家と洋の家。建築方法はもちろん、インテリアに使用する家具や暮らし方にも違いがあります。座敷や障子をイメージする和風の家に対し、洋風の家は寒さから身を守るために石やレンガ調の住宅が多く、暖炉やソファーをイメージする方が多いでしょう。洋風文化が根付く中、私たち日本人はなぜか「和」を捨てきれない部分があります。それは、心の癒しや和みを求める傾向が高く、和風の暮らしが落ち着くからなのではないでしょうか。

北海道民芸家具の始まり

世代を超えて多くの方に親しまれている「北海道民芸家具」。その発祥は戦後の民芸運動がきっかけです。この運動を支援した大原孫三郎と息子の総一郎は、民芸の復興を目指して家具作りを始めたことから、北海道民芸家具が誕生しました。
民芸家具の製作に励み、数々の作品があります。北海道民芸家具は、樹齢100年以上の樺材を主原料としているため、
美しい木目と引き締まった樹質が魅力的です。熟練した職人が時間をかけて製作した家具だからこそ、他にはない本物の美しさを生み出しています。

北海道民芸家具の特徴

素材にこだわった北海道民芸家具。限りある資源を大切にするため、地球はもちろん、私たちの健康にも優しい家具として多くの方に愛されています。
天然木から感じる温もりとシンプルなデザインは、人々の生活に馴染みやすく、心に安らぎをもたらします。
安心して長く付き合える家具は、親から子へと受け継がれ、より味わい深いものへとなっていくことでしょう。

インテリアエクセルでは、職人が一品一品こだわって製作した手作りの民芸家具を販売しております。
岩手県を代表とする工芸品の岩谷堂箪笥、耐久性に優れた欅材を使用した吉野民芸家具、飛騨の匠の技と魂を込めた
伝統的な飛騨家具など、まごころを込めて作った格調高い民芸調家具を取り揃えております。
場所は千葉市稲毛区にありますので、お近くにお住まいの方はお気軽にお越し下さい。
また、遠方の方でもご利用いただけるよう、エクセルWEB shopもございます。
通販サイトでは、上記でご紹介した北海道民芸家具の販売も行っておりますので、是非ご覧下さい。