ホーム>お部屋を広く見せるコツ

お部屋を広く見せるコツ

お部屋を広く見せるコツ

存在感のある重厚な欧州家具は、国産家具と比べるとお部屋が狭く見えてしまうことがあります。そんな時に、是非参考にしていただきたい「お部屋をすっきりと広く見せるコツ」をご紹介します。

色やテイストを統一する

整理整頓の行き届いたすっきりとしたお部屋は、実際よりも広く見えるものです。これは、「色」や「テイスト」に関しても同じことがいえます。色が多すぎるとお部屋が散らかっているように見え、お部屋を狭く感じさせてしまいます。

お部屋が広く見える白・ベージュ・淡い寒色系などの明るい色をベースに、ちぐはぐな印象にならないように、インテリアのテイストも統一すると良いでしょう。

凸凹をなくす

背の低い家具で統一することで、天井が高く感じられ開放感を生み出すことができます。家具の奥行きや高さを揃えることで、お部屋を広く見せることになるのです。奥行きの少ない家具は少し前に出し、他の家具と前面のラインを揃えることですっきりと見せることができます。背の低い家具は、ボックスなどを利用して他の家具と高さを揃えることをおすすめします。

家具の配置

家具はお部屋のあちこちに分散させずに、一箇所にまとめて置きます。すると見える床面積が広くなり、お部屋全体も広く感じることができます。手前に背の高い家具、奥に背の低い家具を配置すると奥行き感が出てお部屋を広く見せることができます。背の高い家具は入り口から見えない場所に置くと良いでしょう。また、入り口から対角線上に床面が見えるスペースを広くとることで、すっきり広々とした印象を与えることができます。

目の錯覚を利用する

暗い場所は圧迫感があり狭く見えます。お部屋の窓が小さい場合は、窓周りになるべく何も置かずに光を取り入れるか、光を反射しやすい白家具を置くとお部屋全体に明るい印象を与えることができます。また、大きめのミラーを置くと、奥行き感が生まれるだけでなく光の反射によりお部屋を明るくすることができます。

カーテンを選ぶ場合には、小さな柄や縦のラインを強調するストライプ柄がおすすめです。

コツを掴めば、大きな欧州家具を取り入れてもすっきりとしたお部屋にすることができますよ。千葉にあるクラシック家具・民芸家具専門店のインテリアエクセルでは、人気の欧州家具やブランド家具の販売・通販を行っています。クラシックでエレガントなデザインが人気の『ジェニファーテーラー』のソファやベンチもご購入いただけます。理想のお部屋づくりにお役立て下さい。