ホーム>岩谷堂箪笥について

岩谷堂箪笥について

岩谷堂箪笥について

洋風の住宅が増える現代でも、根強い人気を誇るのが民芸家具です。 北海道をはじめとする日本各地で、民芸の心と技を受け継いできた職人により作り続けられています。自然の木目、木肌の感触、重厚で華やかな民芸家具は、家具を作った職人の思いまで伝わってくるようです。 こちらでは、高級感のある和の家具としても有名な「岩谷堂箪笥」についてご紹介します。

岩谷堂箪笥の歴史

岩谷堂箪笥の起源は平泉が栄えていた頃の1100年頃にあります。この頃は、藤原清衡が産業奨励に力を注いだ時代です。当時は現在のような箪笥ではなく、長持のような長方形の大きな箱に衣類を収納していたそうです。 天明時代(1780年代)には、岩谷堂城主の岩城村将が米だけに頼る経済から抜け出そうと、家臣の三品茂左右衛門に箪笥の製作を命じました。こうして箪笥が生み出されたのです。その後の文政年間(1820年代)には、徳兵衛という鍛冶職人が彫刻金具を考案し、現代でもよく見かける豪華な装飾が施された岩谷堂箪笥へと繋がっていきます。

岩谷堂箪笥が高く評価される理由とは

木目が美しいケヤキ材を使い、漆と金具で仕上げる岩谷堂箪笥は、高級旅館や料亭などのインテリアなどでも利用されています。岩谷堂箪笥が高く評価される理由は、見た目の美しさだけでなく「使いやすさ」と「品質」に優れているからです。大量生産の箪笥のように無駄な空間を作らず、虫が入らないようにしているため、衣服を大切に保管することができます。また、使い続けるうちに木の色が変化し、風合いが増すのも魅力の一つです。

海外でも高く評価される岩手県の伝統工芸「岩谷堂箪笥」をはじめ、「吉野民芸」「北海道民芸家具」「飛騨家具」など、日本には世界に誇れる民芸家具が多くあります。千葉県稲毛区にあるインテリアエクセルでは、民芸家具や民芸調家具などの通販を行っております。実用性があり、洋家具を基にしたデザインの和モダンの民芸家具は、和洋どちらのお部屋にもよく似合います。